まつもと市民芸術館

HOME » 芸術館日記 » 「まつもと映画手帖」の展示企画がはじまりました。
芸術館日記

「まつもと映画手帖」の展示企画がはじまりました。

映画館の閉館を題材とした『映画よ、さようなら』(主催:松本CINEMAセレクト)の上映会にあわせて、 本日11月6日(日)より松本の映画館の歴史などを紹介する資料展が1階のフリースペースにてスタートしています。

当館が建てられている敷地にはかつて「深志公園」があり、 明治44年には長野県初の活動写真常設館であるキナパークが開館した場所でした。 時を経て、かたちは違えど芸術・文化に携わる「まつもと市民芸術館」がこの地に根付いているということを踏まえ、 同企画展ではキナパークをはじめとする、松本にかつて存在していた映画館が紹介されています。 また、国内の映画を収集・保存・復元・公開している東京国立近代美術館フィルムセンターについての紹介も。

松本の映画館で数々の思い出をつくってきた世代にとっては懐かしく、若い方々にとっては、街中にこれだけのスクリーンがあった時代を知る貴重な展示になっています。

開館中はいつでもご覧いただけますので、是非気軽にお立ち寄りください。

また、この展示を企画した蒲原みつみさんの活動が、昨日5日付の松本平タウン情報の1面に掲載されています。こちらもぜひ、併せてご覧ください。(掲載記事リンク:松本平タウン情報Web

芸術館チケットクラブ

パソコンやスマートフォンでチケットのご予約ができます

芸術館チケットクラブ詳細はこちら

ご購入はこちら(会員の方)

Performances&Events in English

まつもと市民芸術館Facebook

TCアルプFacebook

ちゅーえんれんブログ

このページの先頭へ