まつもと市民芸術館

HOME » 芸術館日記 » 年末のご挨拶
芸術館日記

年末のご挨拶

[写真]城田孝一郎・作『パブロ・カザルスの胸像』/2016.12.28撮影

 

2016年も本日を含め、残り4日間となりました。

本年もまつもと市民芸術館をご愛顧いただき、厚く御礼申し上げます。

 

今年は信州・まつもと大歌舞伎が5度目の夏を迎えました。

串田芸術監督の演出による『四谷怪談』が大きな話題を呼びましたが、

木ノ下歌舞伎『勧進帳』、国際シンポジウムを同時期に上演・開催するなど、

歌舞伎の多様性や、新たな可能性を示唆する画期的なイベントへと成長を果たしました。

そして夏の終わりには、FlyingTheatre空中劇場が再び松本の市街地に登場し、

串田監督の新作「遥かなるブルレスケ~とんだ茶番劇~」の5日間にわたる公演が実現。

これもひとえに、市民の皆さまの多大なるご理解・ご協力あってのことと存じます。改めて御礼申し上げます。

 

皆様の飛躍と発展をご祈念いたしまして、年末の御挨拶に代えさせて頂きます。良いお年をお迎え下さい。

※平成28年12月29日(木)から平成29年1月3日(火)の間、年末年始のため、全館休館とさせていただきます。休館期間中は、当館チケットセンターも休業いたします。ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。なお、平成29年1月4日(水)は午前8時30分から開館いたします。

芸術館チケットクラブ

パソコンやスマートフォンでチケットのご予約ができます

芸術館チケットクラブ詳細はこちら

ご購入はこちら(会員の方)

Performances&Events in English

まつもと市民芸術館Facebook

TCアルプFacebook

ちゅーえんれんブログ

このページの先頭へ