2020年11月1日(日)/オープンスタジオ

『真夏の夜の夢』地域交流プログラム 『真夏の夜の夢』朗読ワークショップ【募集終了】

『真夏の夜の夢』朗読ワークショップ開催!

当館では、11月15日に野田秀樹潤色・シルヴィウ・プルカレーテ演出による『真夏の夜の夢』を上演いたします。誰もが一度は耳にしたことのあるシェイクスピア戯曲を野田秀樹が大胆にリライトし、ユニークな言葉遊びで彩った“野田版”『真夏の夜の夢』。
今回は地域交流プログラムとして、シェイクスピア作品を上演しているカクシンハンの主宰であり演出家・作家の木村龍之介さんをお招きし、原作と潤色版の戯曲を比較解説していただき、その後に朗読をすることで、参加者の皆様と共に双方の魅力について探ってまいります。

講師:木村龍之介(カクシンハン主宰・演出家・作家)

>>『真夏の夜の夢』公演ページ<<

◆定員に達したため、受付を終了いたしました◆


【プログラム内容】
前半:講師による戯曲解説
後半:戯曲朗読ワークショップ
(途中休憩あり)


【講師プロフィール】

木村龍之介(きむら・りゅうのすけ)

演出家、作家。東京大学在学中にシェイクスピアを研究。シェイクスピアシアター、蜷川カンパニー、文学座附属演劇研究所などで俳優・演出を学び、劇団カクシンハンを立ち上げ、全作品を演出。2020年に劇団体制からプロデュース体制に移行し、劇団という枠組みを超えて国内外で演劇の面白さを社会に届けるプロジェクトを企画。最新のギミックや理論を駆使したシェイクスピア戯曲の連続上演は、その大胆な発想と斬新な解釈で国内外で大きな話題を呼んでいる。


本プログラムは、新型コロナウイルス感染拡大防止策を講じたうえで開催いたします。

◆新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご参加の際はマスクの着用をお願い致します。
◆発熱・咳・咽頭痛等の症状がある場合は、ご参加をご遠慮頂きますようお願い致します。


チラシクリックで拡大します

日時

2020年11月1日(日)/13:00~15:00(途中休憩あり)/受付開始・開場12:30

会場

まつもと市民芸術館 オープンスタジオ

募集期間

2020年10月10日(土)10:00~

参加料

無料(要事前申込み・先着順)

申し込み

まつもと市民芸術館チケットセンター(10:00~18:00) 
[電話] 0263-33-2200
[窓口] 1階チケットカウンター
要事前申込み・先着順
定員:20名 (定員になり次第、申し込み締め切り)

お問い合わせ

まつもと市民芸術館チケットセンター
TEL.0263-33-2200 FAX.0263-33-3830


主催:一般財団法人松本市芸術文化振興財団 テレビ信州
後援:松本市 松本市教育委員会 在日ルーマニア大使館
助成:一般財団法人地域創造

日程

2020年11月1日(日)/13:00~15:00(途中休憩あり)/受付開始・開場12:30

会場

まつもと市民芸術館 オープンスタジオ

募集期間

2020年10月10日(土)10:00~