2022年1月22日(土)/スタジオ2

<終了>芸術館レクチャーシリーズ㉖『KING LEAR-キング・リア-』関連イベント シェイクスピアを楽しむ ~リア王・基礎講座~【募集終了】

2回に渡って「リア王」徹底解説。第一回は基礎講座!

シェイクスピアの四大悲劇のひとつと言われ、400年以上経った今もなお、世界中で上演されている「リア王」を串田和美主演で2022年3月に上演いたします。演出には、シェイクスピア作品に深い造詣があり、最新のギミックや理論を駆使し、革新的な舞台美術と大胆な発想で数々のシェイクスピア作品を上演し続けているカクシンハンの木村龍之介氏をお迎えすることも併せて発表されました。木村氏によって串田リアがどう表現されるのか、どうぞご期待ください。

そんなシェイクスピア博士・木村氏によるシェイクスピア講座第三弾・第四弾の開催が決定しました。2020年開催の講座では、分かりやすい言葉とその豊富な知識で作品概要と背景なども折りまぜた楽しい解説で、大変好評を得ました。作品のタイトルは知っている方も多いと思いますが、こんなにも世界中で上演され続ける作品の魅力を、2回に渡って学ぶ講座となりますので、ぜひ皆様ご参加ください。

 

◆◇◆講師プロフィール◆◇◆
木村 龍之介(きむら・りゅうのすけ)
演出家、作家。1983年⽣まれ。東京⼤学で英⽶⽂学を専攻し、シェイクスピアを研究。シェイクスピアシアター、蜷川カンパニー、文学座附属演劇研究所などで俳優・演出を学び、劇団カクシンハンを立ち上げ、全作品を演出する。2020年に劇団体制からプロデュースチームに移行し、劇団という枠組みを超えて国内外で演劇の面白さを社会に届けるプロジェクトを企画。最新のギミックや理論を駆使したシェイクスピア戯曲の連続上演は、その大胆な発想と斬新な解釈により国内外から注目を浴びる。また、「世界は劇場であり、“物語”の集合体である」と考え、世界のすべての人が主人公として活躍できる未来を目指し、物語にまつわるチカラを社会に実装する文化教育プロジェクトを推進している。

 

【芸術館レクチャーシリーズとは・・・】
演劇やダンス、歌舞伎など、舞台をより楽しむための《学び》の時間。まつもと市民芸術館では、皆さまの想像力をさらに刺激し、様々な面から興味を持ってご観劇いただくための「レクチャーシリーズ」を開講いたします。当館の自主事業公演に関連するゲストをお招きし、皆様と共に舞台芸術について学び、《知る》を楽しむ時間をお過ごしください。


日時

2022年1月22日(土)/14:00~15:30 ※受付開始・開場は13:30より

会場

まつもと市民芸術館 スタジオ2

募集期間

2021年12月24日(金)10:00~

参加料

無料(要事前申込み・先着順)
定員:30名

申し込み

まつもと市民芸術館チケットセンター(10:00~18:00) 
[電話] 0263-33-2200
[窓口] 1階チケットカウンター
要事前申込み・先着順
定員:30名 (定員になり次第、申し込み締め切り)

備考

※新型コロナウイルス感染拡大防のため、ご参加の際はマスクの着用をお願い致します。
※発熱・咳・咽頭痛等の症状がある方場合は、ご参加をご遠慮いただきますようお願い致します。

関連情報

KING LEAR -キング・リア-

お問い合わせ

まつもと市民芸術館チケットセンター
TEL.0263-33-2200 FAX.0263-33-3830


主催:一般財団法人松本市芸術文化振興財団
後援:松本市、松本市教育委員会

日程

2022年1月22日(土)/14:00~15:30 ※受付開始・開場は13:30より

会場

まつもと市民芸術館 スタジオ2

募集期間

2021年12月24日(金)10:00~