• 2022
  • 10/4(火)10/5(水)
  • 舞踊・ダンス
  • 小ホール

FESTA松本2022 Altneu(アルトノイ) 『杜子春-Toshishun-』

文学×舞踊が投影する、人間の本質と普遍性

古典バレエと現代ダンスの名手が舞踊で辿る、芥川龍之介の筆致。
孤独、貧富、欲望-----様々なものが渦巻く俗世。
“人として生きる幸福とは何か?”
人間性豊かに表現された不朽の名作が、刹那的な舞踊を通じて現代に蘇る。

原作:芥川龍之介
演出・振付・出演:島地保武
演出・振付助手・出演:酒井はな
特別出演:岡本優(TABATHA)
音楽:熊地勇太

========================================
Altneu (アルトノイ)

島地保武<ダンサー・振付家>
2004~06年Noism(新潟市)、2006~15年ザ・フォーサイス・カンパニー(フランクフルト)に所属。
13年に酒井はなとのユニットAltneuを結成、「NHKバレエの饗宴」に出演。
資生堂第七次椿会メンバーに選出され、パフォーマンスに加えインスタレーション作品を発表。
愛知県芸術劇場製作で環ROYと共作共演の『ありか』で国内外をツアー、フランス国立シャイヨー劇場のレジデンスプログラムに日本人として初めて選ばれ『Oto no e』を創作。
舞踊を軸に多岐に渡り活動している。

酒井はな<舞踊家>
クラシック・バレエを畑佐俊明に師事。
橘バレエ学校、牧阿佐美バレエ団に入団し、14歳でキューピット役に抜擢、18歳で主役デビュー。
97年新国立劇場バレエ団設立と同時に移籍、主役を務める。
コンテンポラリーダンス作品やミュージカルにも出演し、枠を越えて活躍する。
13年ユニットAltneu〈アルトノイ〉として、島地保武との共同創作を本格的に開始。
芸術選奨文部科学大臣賞、橘秋子賞特別賞受賞、舞踊芸術賞など受賞歴多数。2017年紫綬褒章受章。

日程

2022年10月4日(火)、10月5日(水)

会場

まつもと市民芸術館 小ホール

開演

4日(火)16:00
5日(水)13:00

チケット料金

【整理番号付き自由席・税込】
一般:2,000円
U18:1,000円

※未就学児入場不可
※U18(18歳以下)チケットは、当日年齢証明書をご提示下さい。
※車椅子または補助犬を伴ってご入場の方は、チケットご購入時にまつもと市民芸術館チケットセンターまでお知らせください。

チケット発売日

2022年8月6日(土)

プレイガイド

まつもと市民芸術館チケットセンター(10:00~18:00)
[窓口・電話] 0263-33-2200
[WEB] 芸術館チケットクラブ(要事前会員登録)
※発売初日は窓口販売なし

備考

【注意事項】
※営利目的の転売は固くお断りいたします。
※やむを得ぬ事情により、公演情報等に変更が生じる場合がございます。
※マスクの着用にご協力ください。マスクを着用でない方のご入場はご遠慮いただきます。
※発熱がある方や、体調不良が認められる方等は、当日入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。
※ご来場前に必ず当劇場Webサイト内の注意事項と本公演の最新情報をご確認ください。

お問い合わせ

まつもと市民芸術館チケットセンター(10:00~18:00)
TEL.0263-33-2200 FAX.0263-33-3830


主催:一般財団法人松本市芸術文化振興財団
後援:松本市、松本市教育委員会
企画制作:上田市交流文化芸術センター

日程

2022年10月4日(火)、10月5日(水)

会場

まつもと市民芸術館 小ホール

開演

4日(火)16:00
5日(水)13:00

チケット料金

【整理番号付き自由席・税込】
一般:2,000円
U18:1,000円

※未就学児入場不可
※U18(18歳以下)チケットは、当日年齢証明書をご提示下さい。
※車椅子または補助犬を伴ってご入場の方は、チケットご購入時にまつもと市民芸術館チケットセンターまでお知らせください。

チケット発売日

2022年8月6日(土)