• 2021
  • 12/4(土)12/5(日)
  • 演劇
  • 小ホール

阿佐ヶ谷スパイダース 老いと建築

阿佐ヶ谷スパイダース二年ぶりの新作公演は、老女と住まいと家族の物語。

★12月4日(土)14:00公演終了後、アフタートーク開催決定★
出演者によるアフタートークが決定いたしました。当日のチケットお持ちのお客様が対象となります。こちらも合わせて、お楽しみにください♪


これは或る老女とその住まいとの対話劇

高齢ゆえにバリアフリー化を余儀なくされる家。独り住む老婆は美意識を損なう老いを受け入れることが出来ない。娘や息子はさらにその先の改装・改築を考える。老婆は彼らにこの家を渡したくはない。同居の甘言を囁く子供達孫達と、歳を重ねるごとに性格が激しく歪む老婆との応酬。さらにこの家を設計した建築家、既に先立った夫の幻影と思い出が現在と入り混じり、ますます老婆の言動は乱れゆく。

建築と言葉のコラボレーションを実現した『謳う建築』展(寺田倉庫)。気鋭の建築家・能作文徳氏の「西大井のあな」との出逢いから長塚圭史が紡いだ「科白」。この「科白」から『老いと建築』の世界が立ち上がります。
劇団としては2年ぶりの新作公演となる本作を引っ提げて、「MAKOTO」以来3年ぶりに松本での上演にご期待ください。

 

作・演出:長塚圭史
出演:村岡希美 志甫まゆ子 坂本慶介 藤間爽子 富岡晃一郎 木村美月 中村まこと 李千鶴 森一生 長塚圭史 伊達暁

舞台監督:足立充章・垣内美穂 美術:片平圭衣子 照明:横原由祐 照明協力:齋藤茂男 音響:島猛 衣裳:柿野彩 ヘアメイク:河村陽子 演出部:桂川裕行 大道具:鈴木太朗 演出助手:山田美紀 宣伝美術:唐崎修 劇団制作:下村はるか・福澤諭志 Web:伊達暁 制作協力:熊谷由子 企画・製作:一般財団法人阿佐ヶ谷スパイダース

日程

2021年12月4日(土)、12月5日(日)

会場

まつもと市民芸術館 小ホール

開演

4日(土)14:00
5日(日)13:00

チケット料金

【整理番号付き自由席・税込】
一般:4,000円
U18:2,000円

※未就学児入場不可
※U18(18歳以下)チケットは、当日年齢証明書をご提示下さい。

チケット発売日

2021年10月16日(土)

プレイガイド

まつもと市民芸術館チケットセンター(10:00~18:00)
[窓口・電話] 0263-33-2200
[WEB] 芸術館チケットクラブ(要事前会員登録)

チケットぴあ
[電話] 0570-02-9999(Pコード:508-681)
[店頭] セブン‐イレブン
[WEB] https://t.pia.jp/

ホームページ

阿佐ヶ谷スパイダース公演特設サイト

備考

●新型コロナウイルス感染拡大予防のため、ご入場の際はマスクの着用をお願いいたします。また、発熱・咳・咽頭痛等の症状がある場合は、ご来場をご遠慮いただきますようお願いいたします。

お問い合わせ

まつもと市民芸術館チケットセンター(10:00~18:00)
TEL.0263-33-2200 FAX.0263-33-3830


主催:一般財団法人松本市芸術文化振興財団
後援:松本市、松本市教育委員会

日程

2021年12月4日(土)、12月5日(日)

会場

まつもと市民芸術館 小ホール

開演

4日(土)14:00
5日(日)13:00

チケット料金

【整理番号付き自由席・税込】
一般:4,000円
U18:2,000円

※未就学児入場不可
※U18(18歳以下)チケットは、当日年齢証明書をご提示下さい。

チケット発売日

2021年10月16日(土)